FC2ブログ

ディープフォレストからの便り

 ディープフォレストのログハウスで生活するDボーイズとランディ、季節の移り変わり、日々の出来事を便りにのせて発信します。

Professional

 最近気がつきました。ずっとそっち方面(どっち方面)の仕事してきたので、普通の生活してる人とちがうんだ。って!

 やるときはとことんです。納得いかないことは解明したい。人がどう見ようなんて関係ない。

 ネットなんで消すこともできないし、不特定多数の人も閲覧できるので、結構ソフトに書いてます。見てる人も少ないので炎上することはないと思いますが、それでも気を使ってます。

 先日の岡山・広島災害現場、規制線があるので一般の人は入ってこない。

 例に漏れず熱中症のどうのこうのと言うことで作業時間が短い短い、救助犬なんて「犬は暑さに弱いんで」って作業時間は10分もしないうちに休憩です。

 D-MATのドクターも太りすぎで使い物にならない。雑談で「D-MATのドクターで身体鍛えてる人はいません」って言い放ってました。

 ホントに自覚がないねー。現場に来てる救助隊も捜索隊も「熱中症・熱中症」ってうるさいよ!

 遠巻きに見てる家族はどう思ってたんでしょね?時間が経ってたのであきらめはしてたと思うけど、「一刻も早く見つけて出してやりたい」この言葉に集約されてるんじゃない?

 こういう仕事しててきついのは当たり前!危険なのも当たり前と思うのです。無理に危険に飛び込む必要はないと思うけど、一般人ではありません。納得してやってるんじゃないの?

 嫌なら一般行政の公務員もあるし、安全で快適な院内で仕事するドクターでもいいじゃない。救助犬もかわいそうなんだったらペットで飼えばいいし、仕事の種類はたくさんあります。なんで現場に来たがるのか、まったくわかりません。

 たまに欧米のそういう方たちと仕事しますが、全然違います。日本人の魂はどこへ行ってしまったのでしょうか?
スポンサーサイト

別窓 | 仕事 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Grave | ディープフォレストからの便り | Randy 6th>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ディープフォレストからの便り |