FC2ブログ

ディープフォレストからの便り

 ディープフォレストのログハウスで生活するDボーイズとランディ、季節の移り変わり、日々の出来事を便りにのせて発信します。

Sixth sense

 昨日で岡山・広島の仕事は終結しました。(私の役割の仕事はです。)

 遺体捜索や支援・復旧の仕事は続いているようですが、とりあえず私はもう現場に行くことはありません。なので今日は休養!でも昼からは出かけますが・・・。

 特別な立場なので結構被災した方、救助された方とコミュニケーションをとるように心がけています。いろいろあって行政や自衛隊さんはあまり話はしたがりません。(深く話すとクレームになることが多いのと思います。)今の社会、問題は起こしたくないんですよね。あとあと面倒だし。

 今回も例に漏れず被災した方は結構高をくくっていたようですね。人間の習性として”自分だけは特別”災害に会わない。事故は起こさない。と思ってる方は多いです。確率的な話をするとみんな平等ですね。

 その中で助かった人、要素はいろいろと思いますが、一番は自分です。危ないと思って早めに避難した人、常日頃から心や物理的な備えをしてた人(国や行政の備えではなく自分自身です。)です。

 今回もそうですが、これだけ広域な災害が発生すると行政や自治体はあまりあてになりません。行政自体がパニックに陥って誤った指示や連絡が乱れ飛びました。

 お話をお聞きすると地域防災と言うことでコミュニティー単位で備えていたところは人的被害は少ないように思います。要は自分たちのことは自分たちで!最近は国や地方・行政に頼ると言うか甘える傾向が強すぎるように思います。

 興味深かかった話は「本能的に危ないと思った。」これはホントに大切です。人間は生きるために本能的に第六感と言うものが備わっています。これは訓練することによって鍛えることもできるそうです。

 現場でいろいろ伺ったことはデータとして残すつもりです。いつか役立つことを信じて!
スポンサーサイト

別窓 | 人生 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Randy 6th | ディープフォレストからの便り | Randy 5th>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ディープフォレストからの便り |