FC2ブログ

ディープフォレストからの便り

 ディープフォレストのログハウスで生活するDボーイズとランディ、季節の移り変わり、日々の出来事を便りにのせて発信します。

Gun’s 7th

 カテゴリーはGUNです。興味のない方はスルーしてください。

 米国のコロラドでFBIのエージェントが酔っぱらってパブで銃を発砲しました。ニュースが大きく取り上げたのでご存知の方も多いと思います。ちょっと違う角度からの見方になりますが、また”銃器が悪者扱い”です。

 米国のニュースも日本のニュースも取り上げ方は”銃が暴発した”ですが、事実はちがいます。正しくは”FBIのエージェントが酔っぱらって銃を発砲し、女性に怪我を負わせた”です。
Agent shot 1222
 写真から考察すると銃はコック式の安全装置のないグロッグ系です。落として弾が出たのではなく、トリガーを引いて発砲してます。よほど使い込んでシアーがすり減ったポンコツ銃でない限り、落としたくらいで銃は暴発しません。BB等のおもちゃは別ですが・・・。

 近年、初弾の発射が遅れるのと、エラーが多くて戦術に問題が出るので安全装置のない銃が使用されるケースがあります。SIGやグロッグはその典型です。とくにグロッグはハンマーが内蔵式でトリガーに一応セーフティ装置は付いてますが圧力は軽めです。

 なので状況から判断すると暴発ではなく、酔っぱらったエージェントが拾う時に誤って引き金を引いてしまい、発砲してしまった事故です。なので区別するなら人為的なミスと言えます。

 言いたいのは銃のせいではなく、扱った練度の低いFBIエージェントのせいなのです。

 あまり知られていませんが、ちゃんとしたユニットやスクールでは交戦中に落とした銃をちゃんと拾い上げる訓練をします。なぜならそういう場面で味方を損傷させる可能性が高いからです。

 世界的な銃器の悪者扱い、物事をちゃんと見れない社会にも問題があるような気もします。
スポンサーサイト

別窓 | 社会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Earthquake | ディープフォレストからの便り | Health/Aging>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ディープフォレストからの便り |