FC2ブログ

ディープフォレストからの便り

 ディープフォレストのログハウスで生活するDボーイズとランディ、季節の移り変わり、日々の出来事を便りにのせて発信します。

ペットロス

 今日は当店の建築部門を任せているI田さんと一緒に兵庫県相生市に出かけました。

 別件で2件の薪配達を終え、お世話になっているOさん宅へ向かいました。
 現場に到着して玄関のインターホンを鳴らします。
「ピンポーン・ピンポーン」・・・・・・???・・・・・・???なんかいつもと様子が違います。・・・・・・
いつもならインターホンを鳴らすとOさん宅の愛犬モモが「ワン・ワワン」と吠えるのですが、「シィ~ン」としたままです。・・・・・・
 Oさんの奥さんにお会いして伺ったところ2週間ほど前に他界したとのこと「えぇホントですか?」
 御主人も奥さんも娘さんもみんなペットロス(日本語では適当な表現ができないそうですが!)に陥っておられるようです。
 煙突掃除、コンバスター交換、本体メンテをした後コーヒーとお菓子をいただき、亡きモモの話をして彼女に思いを馳せました。
 大丈夫Oさん、DSC00688.jpg
我が家は3回のペットロスを克服してきました。時間が解決してくれます。その時までじっと待ちましょう。
スポンサーサイト



別窓 | 薪ストーブ | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

1957年・・・・???

 知り合いの山師(林業家)から頼まれて、岡山県○○市の山村へ行った。
 「年寄りの作った薪を買ってやってほしい。」と言うことだった。
 
 米北東部バーモント州の森のような紅葉した道を落ち葉を踏んでキャンターで進む。

 土場(サイト)について驚いた。崩れかけた土塀の家、外にあるこれまた壊れかけたかわやから出てきた老人は、歯が抜け、油だらけのカッターに作業ズボン、かぶっているSTIHLの帽子はつばがぼろぼろだ。
 聞き取りにくい岡山弁で「全ての薪を買ってくれ!」と言う。
 問題の薪は全て楢、結束もちゃんとされており合格点。非常に丁寧に作られている。
 残念なのは乾燥ができてないと言うことくらい。すぐには使えそうにない。

 最後におじいさんが「正月が近いので現金がほしい。」と言う。

 風景、人、匂い、遠い昔に帰ったような一日でした。
別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2008FSカレンダー

 懇意にして頂いている長野県の駒ヶ根市にあるファイヤーサイドから来年(2008年)のカレンダーが届きました。
 昨年と同じフォトになっています。(私的には今年のスケッチの方が好きなのですが・・・・伊藤さん元気にしておられるでしょうか?)

 数に少し余裕がありますので、御入り用の方はどうぞ!E-Mailかコメントで連絡してください。FSkarendar.jpg

別窓 | 薪ストーブ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

薪作り

 薪作りのめどが付きました。と言っても当店の販売用ではありません。
 
 みんなで分配するセルフ薪です。基本的に料金はいただかないつもりですが、保険料と燃料費の数百円は徴収するかも知れません。
 場所は西播地域となります。
 参加条件は①チェンソー、チャップスを所有していること。②チェンソーにはエコオイルを使用していること。③現地まで自力で来れる事。④ルールを守って作業できること。以上です。

 作業工程は伐採→玉切り→搬送→薪割り→分配→清掃です。
 作業の途中でみんなで持ち寄りの昼食&ダッジオーブン料理があります。
 
 期日は未定ですが2008/1/9(山の神様の日)以降になる予定です。
 詳しくは当ブログで随時告示します。なお参加表明はE-Mailかコメントでお願いします。
別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

手作業

komatu.jpg
 当店には結構な数の機械・重機があります。バックホー、林内車、芝刈り機、グラップルetcいずれも作業の効率を上げるため、またはよい仕事をするための道具です。
 アメリカに行くと「こんなものまで」とびっくりさせられるようなものまで機械化されています。

 私のまわりには強烈に機械化を拒んでいる方が2人おられます。
 一人は姫路在住のYさん。別名ゆんさんの旦那さんです。
 薪小屋を作るのも、ガーデンキッチンを作るのもすべて手ノコ、ノミなどの道具です。
 もう一人は人生の師と仰ぐ滋賀県在住のOさんです。私たちの販売しているノースイースタンログホームズのキングストンを奥さんと二人セルフビルドで建てられました。電気道具は使われますが、土地を整地するのも、水道管を埋設するのもすべてツルハシ、スコップです。
 
 「なんで?」と訪ねると「うれしいやん!こうやってコツコツできることが。」
 二人ともお金には困ってないと思いますが。
 
 機械一辺倒になっている今日この頃、効率ばかしを追求していて何かを見失っているような気がしました。
別窓 | 道具 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

普段着

 ご承知の方も多いと思いますが、いつも迷彩ズボンとフリースを着ています。
 昔、仕事の時は、薄緑の作業着を着ていましたが、月日が経つにつれ何が大切で機能的かということが判って、今の服装にたどり着きました。
 
 緑系(ウッドランド)は、厳つく圧迫感を与えるので、茶色系(デザート)にしています。
何年か前までは、○ニクロや中国、台湾製のイミテーションを着ていましたが、生地が弱くすぐ破れてしまいます。ポケットの位置も悪く、機能的ではありませんでした。

 今は米国防省の発注した軍規格(ミルスペック)の払い下げを着ています。この世界でもやっぱり本物はすごいです。強化ステッチが施されており破れません。まぁ国防省が国家予算で作っているのですからいい物ができますよね!

 最近はGEN3と言うデジタルパターンのユニットセットを手に入れました。下着から雨合羽までセットになっており大変便利でリーズナブルです。ブレーカーに至ってはかの有名なパタゴニア製です。
 軍の払い下げは、デザイン的にもおしゃれなエッセンスが入っています。
 若いときは年間○○万円も服代を使っていましたが、今は3万円も使いません。周りの人や妻には「着た切り雀」と揶揄されますが、本人は至って気にしていません。
是非一度使ってみてください。病みつきになります。
PS、○柴商事の○階部長はいつも「もっとましな作業服を着てこい!」というような顔をしています。
別窓 | 道具 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

突貫薪ストーブ工事完了

 新宮町の藤井様邸の薪ストーブ工事が完了しました。滋賀県から帰省と言うことで、今日一日で煙突、貫通部、炉台、本体設置とすべてを完了させる予定でやってきました。
 屋根屋さん、藤井さんご家族、大変お世話になりました。着火式も無事に終わり、帰途についた時にはヘロヘロでした。
 藤井様ご家族、今頃慣らし焚きの真っ最中だと思います。

 次回お越しの際には本焚きができると思います。薪ストーブの世界を堪能してください。
PS、遊ちゃんご機嫌直りましたか?帰り支度の折りには薪ストーブの前で寝ていたので、ご機嫌には見えたのですが・・・・・DSC00685.jpg

DSC00682.jpg

hujii1.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

シーズン到来

 今日は珍しく店番をしました。朝一件メンテナンスの仕事があったので、早起きして行って来ました。
 近所だったので結構早く帰社し、久しぶりの店番です。

 シーズンインしているので結構、入れ替わり立ち替わりお客さんが来ます。
 よくでるのはやはりメンテナンス用品、ガラスクリーナー、ポリッシュ、セーフティーフルーに着火材、今日も結構売れました。
 ダッジオーブンもポロポロでました。たぶん今日は薪ストーブでおいしいスープ料理ですね。
 
 ここのところの冷え込みは今年の冬の厳冬を予感させます。冬はやっぱりこうでなくちゃ~。身が引き締まりますね~。(とっても幸せな気分です。)
 いい気分なので久しぶりのイベントでもしようかな!
PS、知り合いの○野沢さん。http://air.ap.teacup.com/onopee/がんばっているみたいですね。また伊那うかがいますね。
 明日は新宮の藤井様邸薪ストーブ工事です。機種はアンコール、在庫切れの商品です。予約していてよかった。
姫路のT口さん、ハスクバーナ333XPのキャノンバー、スプロケット、揃いました。何時でもどうぞ!(業務連絡)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

薪ストーブクッキングBook

 延びに延びた薪ストーブクッキングBookhttp://www.firesidestove.com/info/event.htmlがやっと発売されるようです。
 FSのT本さん曰わく書店にも列ぶようなので、薪ストーブオーナーの皆さん是非ご購入ください。
 内容はバッチリだと言うことです。
 監修はFSの社長、ポール・キャスナー氏です。(ちょっと大げさですね!)ま、普通に言うとファイヤーサイドのポール社長です。
 これからの季節、薪ストーブにあたって暖まり、炎をみて癒されて、料理を作って幸せに暮らしましょう!
冬本番はこれからですよ!
別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

薫製

 今日は薪ストーブとダッジオーブンhttp://www.firesidestove.com/item/cook.htmlを使った薫製を紹介します。お勧めはチキンと鶉卵(水煮)です。
用意するものは、
①キッチンダッジオーブン10”(もちろんシーズニング済み)
②10”用丸形アミ 
③アルミホイル
④クレイジーソルト
⑤薫製用チップ(私は桜ではなく林檎が好みです。)
⑥チキン(ブロイラーで十分)
⑦鶉卵の水煮
 作り方はダッジオーブンの底にアルミホイルをひいて、適量の薫製用チップをのせます。
 その上にアミ、その上にクレイジーソルトをまぶした食材を置いて蓋をします。後は薪ストーブとダッジオーブンが勝手に料理をしてくれます。世間で言う温燻ですね!
 一度お試しください。病みつきになります。
PS、ノラさんこんばんは!薫製の煙は少量なので室内でしても気になりません。桜や林檎の煙はかえっていい香りがするほどです。ご心配なく。
別窓 | ダッジオーブン | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

ノラの家にようこそ

 昨年薪ストーブを設置させて頂いた広島県庄原市比和町のT川さん宅を訪問しました。
 ダグラスファーで建てられたポスト&ビームです。将来は自宅喫茶店を開店される予定で目下計画進行中です。

 お店の名前はノラの家http://www.fuchu.or.jp/~nora/にするそうです。
 訪問の目的は設置して頂いたバーモントキャスティング・ディファイアントNCのメンテナンスでした。
 結構きれいに使われていましたが、薪の乾燥が悪く、1年目にしては、結構煤(タール状)がこびり付いていました。
 作業終了後にはコーヒーと手作りケーキをいただき、今まで説明できなかった薪ストーブのことについて話しをしました。
 次回お伺いする時には、お客さんとしてゆっくりコーヒーをいただきたいと思います。
 当店から高速を使って3時間、ドライブにはちょうどいい時間です。 
 皆さんもノラさんが開店された折りには是非どうぞ!noranoie.jpg


別窓 | 薪ストーブ | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

いなくなった動物たち

 11月15日から狩猟期間に入りました。
 ご承知のとおり我が家、我がショップは、深い森の中(山の麓)にあるので結構、動物が徘徊し、サイトや農作物を荒らします。
 猪、鹿、狸、狢(むじな)、狐、・・・・でも猟期になると暦でも持っているかのように彼らは山から出てこなくなります。

 最近○HKで「山に食べるものが無くなり、獣たちが里に降りてきて農作物を荒らす。」と言っていましたが、私は違うと思います。
 一番の原因は人が山には入らなくなったことだと思います。
 動物たちとのボーダーラインが里に下りてきたためだと思います。
 彼らは賢いので猟期のように人が頻繁に山に入ると「自分たちの縄張りはもっと後だ。」と認識し後退するのだと思います。あと野放しの犬がいなくなったのも原因の一つでしょう。
 
 昔のようにキノコ狩り、薪作り、柴刈り、落ち葉拾いとみんなで山には入りましょう。
 そうすれば昔のように動物とうまくつき合えるようになるのではないでしょうか?
別窓 | 山暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

深夜徘徊

 夜な夜な深夜徘徊をしています。
 だいたい仕事を終えると9:00PMくらいになります。そう前にも書いたように森の中を歩くのです。私の今、一番のストレス解消法です。
 あちこちから「どういう風に見えるか見せて」と注文が入りデジカメでチャレンジしましたがどうもうまく撮れません。
 ネットで一番近いものをコピーして貼り付けますね。まさしくこんな感じです。
 ナイトビジョンを手に入れて思ったのですが、いくら真夜中(12時や2時)でもまわりが見えると全く恐怖を感じません。昔の人が夜を怖がっていたのは、闇だからなんですね!
 人間は本能的に闇を怖がるようです。20071117204211.jpg

PS、写真は結構物々しい格好をしていますが、私の徘徊スタイルは至って普通です。お間違いのないように!

別窓 | 道具 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

燃料

 原油価格が高騰しています。1L@150円を超える勢いです。
 世間も値段が高いのは気になっているようですが、緊迫感を感じるほどではありません。たぶん「化石燃料が枯渇する。」と言われてもそれが何時かわからないからでしょう。
 でもそんなに先じゃない、近い将来、その日が来るような気がします。(別に変な宗教とかカルトはやっていません。)
 そういうことを考えるとやはり永久燃料は薪ですね!手間暇と労力さえ惜しまなければ大量の薪を作ることは可能と言うことになります。
 原油は個人では作れないですよね!

 姫路のM下さん。網干のT口さん。みんなが薪作りイベント楽しみにしていますよ!ハスクバーナでサクッと行きましょう。

PS、今日の帰り、加東市のYさん宅に寄りました。薪が少ないと言うことで寒いのにチョロチョロ焚いておられました。
 余り物の薪で300°Cまで上げてきました。
 薪ストーブを設置して頂いた方に安定的に薪を供給することを考えねばなりません。
Genyu1.jpg

sinrin1.jpg


別窓 | 地球環境 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

クレイマー

 今日は丹波篠山まで薪ストーブのメンテナンスと煙突掃除に行って来ました。
 詳細を書こうと思ったのですが、普通の記事になってしまうのと、先に他のSNSに投稿しておられたので他のことを書くことにしました。PS、T柴商事のT階部長さん、S下さん大変お世話になりました。(業務連絡)
 お客さんの中になんでもクレームを付けたがる方が、たまに(最近は多いかな?)おられます。
 今回も写真のとおり何の遜色、ダメージもないと思うのですが、この方の目にはガラスに影が見えるそうです。 設置して頂いてすぐということもあり、メーカーと協議した結果、「交換してください。」というので、仕方なく交換しました。
 私は仕事をしていく上でお客様とはいつも平等だと思っています。確かに料金をいただくので、仕事をさせて頂いている環境ではありますが、高所でもなく低所でもないと思っています。
 メーカー(薪ストーブファンの方はドアを見て何処の製品かわかりますよね!)は、企業イメージもあり調査もせずに取り替えたのでしょうが、私は今でも得策だったとは思っておりません。多分このお客さん、次も何か言ってくるのは間違いないでしょう。
でも次は落ち度が無ければ毅然とした態度で対応するつもりです。kure-mu1.jpg

kure-mu2.jpg


別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

籾殻焼き

 この季節になると田んぼのあちこちから真っ白な煙がたなびきます。
 時には視界が悪くなるほどあちこちからたなびいて来ます。
 
 そう、田んぼで籾摺りをした後の籾殻を燃やしてスクモ(籾殻を焼いて肥料にしたもの)を作っているんですね。
 晩秋の風物詩です。昔からやっているので結構煙たくても文句はあまり出ません。
 では薪ストーブの煙はどうでしょう?
 特に都市部では問題になります。焚き始めは煙突からモクモク白い煙を吐き出します。出ないようにするのは物理的に無理なのです。
 
 最近は産廃の野焼き問題もあり、地域の方はみな煙に神経質になっています。「薪を焚いた煙は山や森の木々が吸って循環する。」と説明しても何の効き目もありません。
 摩擦しない一番の方法は地域の方とうまくやっていくことです。
 ダイオキシンのように悪いものではないので、きっとわかっていただけるはずです。

 薪ストーブが籾殻焼きのように市民権を得るのはいつの日なのでしょうか?momiyaki1.jpg

momiyaki2.jpg


別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

シーリングファン

 私たちが扱う家(ログハウス、2×4、在来)のほとんどにシーリングファンが付きます。
 特に勧めているのがアメリカのハンター社製、モーターが強くデザインもGOOです。

 日本の方はシーリングファンを回す文化が、まだ浅いのでゆっくり品良く使う物と思われているようですが、欧米ではあたると首が切れるほど高速で回転させています。雰囲気よりも性能、効率重視と言うところがあります。

 薪ストーブを設置していただいた家にもシーリングファンがつきますが飾りにしていらしゃる方が多いようです。
 薪ストーブを焚くと初めのうちは、上部に熱が溜まります。
 一度欧米のように高速で回させてみてください。結構攪拌して効率よく室内を温められるはずです。
 なおホームセンター等で販売している台湾、中国製はやめておいた方がいいようです。「火を噴いた。本体が落っこちた。」という話も聞きます。
 やはり当店ではハンター社製をお勧めします。
別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ウエスタンログホームの社長

 おつき合いしているログハウスメーカーに広島県福山市のウエスタンログホームカンパニーhttp://www.seto.ne.jp/~western/さんがあります。 もうかれこれ6、7年のつき合いになるでしょうか?
 この業界結構出入りが激しく最近も当県のホーム○○さんが店を閉めたようです。
 
 福山の方へ工事に行った時はモデルルームによく寄りますが、いつもGパンに大きいバックルの付いた革製のベルト(とても高そう。)ワークシャツに夏はストローのカーボーイハット、冬は毛糸のウールキャップです。口ひげを蓄え容姿はまるでワイヤットアープ。
 ウェスタンとカントリーをこよなく愛す社長です。ここまでやればたいしたもの!なんでも中途半端はいけません!この業界本当に好きでなければやっていけません。

PS、敷地内にサンタフェ風のギャラリーを増築中です。皆さんも福山に行った時は是非お立ち寄りください。レストランもあり奥さんの手作りケーキがいただけます。
westan1.jpg

westan2.jpg

westan3.jpg


別窓 | ログハウス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

毛虫の方が優秀?

 妻が家庭菜園で野菜を作っています。週末は大抵畑仕事です。
 野菜作りの師匠は滋賀県高島市に住んでおられるOさん夫婦です。
 筋金入りのオーガニストです。妻も当然オーガニストになりました。 
 毎日の日課は暗くなってからのペツルヘッドライト(ナイトビジョンではありません。)着用の毛虫&青虫取りです。
 当畑のキャベツや白菜は虫に食べられて、うちわの骨のようです。
 でも妻はこの先、農薬を使う事はないでしょう。

 毛虫、青虫はすごいですよね。微弱性の農薬の臭いも嗅ぎ分けるのですから、人間なんか農薬がかかってても判らずそのまま食べてます。

 昆虫の能力は本当にすごい!

別窓 | 山暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

本気ですか?

 明日は時間的にブログを書けそうにないので、今日は、まとめ書きです。
 最近当店に届く封筒に「チームマイナス6%http://www.team-6.jp/に参加しています。」と書かれた物が多い。ご承知のとおり地球温暖化を止めようと言う運動である。
 でもみんな本当に本気なのか???である。
 その封筒の発信主会社のトラックが現場に来て私の仕事を待っている間、若い衆が運転席でタバコくわえて漫画みて、エアコン・エンジン点けっぱなしで30分、あきれかえって言う気もなくなります。
 社長に言いたい!「ストップ温暖化本気ですか?」

 企業イメージ?営業のため?後発エコ企業、偽物が多すぎます。
別窓 | 地球環境 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

季節の移り変わり

最近めっきり寒くなってきました。最低気温が5°Cを下回る日が続いています。
 我が家、当ショップは、もうすでに今シーズンの火入れをしています。
 今日は早起きをして山登りをしてきました。松茸も今日で終わりです。最後の松茸なので家で松茸ご飯と松茸のお吸い物(N園の即席ではありません。)でもしようと思います。
 山の管理も事情があって3倍の面積に増えました。とてつもない広さです。歩くだけでも大変・・・・・

 今年はセンサーカメラのおかげで松茸泥棒ゼロです。
 写っていたのは、家の者とわたし、それと鹿だけでした。人の入った形跡もありません。設置に行く時に麓の村の人と話をしたのが利いたのでしょうか?
 田舎はこわいですね!ちょっと話したことが地域中に広まるようです。
 これからは柴刈り、伐採のシーズンに入ります。
 私が待ち望んだシーズン到来です。
PS、明日は広島県神石高原町にお邪魔します。N馬さん、Tさんよろしくお願いいたします。あとWLHCさん、寄りますね!sakurayama2.jpg

sakurayama1.jpg

matutake4.jpg


別窓 | 山暮らし | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

薪ストーブ業界の先駆者

 今日は鳥取県の大山に煙突修理に行って来ました。御存知Kログさんのハンドカットログです。
 3年前の大雪で煙突が押されたままになっていました。
 12:50現場に着、島根のラスティッククラフトの代表、戸谷さんと待ち合わせして、チェンソーやイベントのことでしばし談笑。
 要件を済ませ、戸谷さんが帰った後、作業に取りかかりました。今回は薪ストーブ業界の老舗、Kエンジニアリングの雪割りをセットします。
 久しぶりに使いましたが、組み立て、施工と、とてもやりやすいように進化していました。
 さすがKエンジニアリングのK社長、脱帽です。これなら次からも使おうかなと思わせます。
 薪ストーブ業界、停滞することなく日々開発、進化していると改めて感じました。
PS、KエンジニアリングのK社長、「体をこわした。」と風の噂に聞きましたが元気にやっておられるのでしょうか?keihann3.jpg

keihann2.jpg


別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

創作者としての信念

 近隣の町の方から頂いた仕事を断った。
 薪ストーブの煙突を横引きで2,500mm 引けと言う。
 薪ストーブの常識ではできない工事だ。
 「どうしても薪ストーブが付けたい」と言う。その気持ちは痛いほどわかる。
 今までもいろんな工夫、特殊な金具を作ってできる限り施主さんの意向を尊重してきた。でも今回はいろんな面から考えても良い物にはならない。と私は判断した。

 何年か経って、私が亡くなっても作品(ログハウス・薪ストーブ)は、残る。利益だけ、施主さんの満足だけでは、仕事はできない。そう考えると日々、気を引き締めて仕事をしたいと思う。
 それが創作者としての使命でもある。
別窓 | ログビルダー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

バーモントキャスティングス

その工場は、東部13州のバーモント州、まわりを小高い丘に囲まれた森の中にあります。ここから世界のユーザーの下へ薪ストーブが旅立っていくのです。
私が訪れたのは夏でしたが写真のとおり、道を挟んでおじさんが薪割りをしていました。最初は遠巻きに見ていたのですが、こちらを見てニコニコしていたので話しかけました。薪割り機は、ブレイブ社製、http://www.makiwari.com/アメリカでの販売価格は・・・・・言えません。ごめんなさい。
 
おじさん日本にも来たことがあるそうです。場所は沖縄、もうおわかりですよね!
バーモントキャスティングス社の横の通はバーモントロード、この町はこの工場で働いている人が結構いるのかも知れません。
PS①旅行の途中に立ち寄っても、ここにはモデルルームがありません。予約が取れないと工場の見学もできません。あしからず・・・・・
PS②PVS-7B君が到着しましたがご機嫌斜めでうまく動いてくれません。時間が空いた時メンテしてみます。緑色の画像、もうしばらくお待ちください。VM0002.jpg

VM0001.jpg

VM0003.jpg

VM0004.jpg


別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

夜行性動物

 とうとうこの日が来ました。 
 5年間思い続けて、やっと手に入れました。
 ちょっと事情があって公には書けないのですが、明日彼は私の元に送られてきます。
 名前はPVS-7B&PAQ-4Cといいます。
 以前、ブログにも書いたので覚えておられる方もいると思います。
 
 少し調整とメンテナンスが必要なので完全になったら、後日写真を公表したいと思います。
 これで私も友達のGレトリバー・エディー君と対等に夜の森を歩けるようになりました。
 白い息をはきながら、新月の夜に寒山の森をXファイルのモルダー・スカーリー特別捜査官のように徘徊したいと思います。
別窓 | 道具 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ANTIQUES(アンティーク)

 アメリカ・カナダを旅行した時に必ず立ち寄るところがあると以前、ブログに書きましたが、アンティークショップもその一つです。
 大きい町ではアンティークモール、小さい町でも個人経営のアンティークショップが何軒かあります。
 多分、割合で言うと日本のコンビニエンスストアより多いと思います。
 欧米人の古い物を大切にすると言う文化が脈々と生き続けています。
 最近、特に狙っているのがラッセルライトのコーヒーカップです。以前はファイヤーキングが好きでしたが、年と共に落ち着いたラッセルライトに嗜好が移りました。
 古いストーブケトルも見つけたら必ず買うようにしています。antiques1.jpg

antiqes2.jpg


別窓 | 海外旅行情報 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ガラスクリナー

 今日は、さわやかな秋晴れの下、鳥取県の大山へ行って来ました。
 6:30AM出発、分刻みのスケジュールです。合計6件の仕事を片付けました。
 中でも煙突掃除は時間と手間のかかる仕事です。終わった後の談笑も仕事の一つの楽しみです。いろいろ質問も出て話も盛り上がります。そんな中で気になった事項を1件、
Mさん「ガラス傷だらけでしょ!火が見たくて毎日磨いてたんです。」Dボーイズ「何で磨いたんですか?」
Mさん「灰ですよ。灰」

 どうやらネットの書き込みで「灰で磨けば汚れが落ちます。」と書き込んだ輩がいるらしい。
 確かに灰と水を混ぜて磨けば、きれいになりますが、時には耐火ガラスが傷だらけになって、よけいに煤がこびりつきやすくなります。
 やはり、薪ストーブ屋としては、お金はかかりますが専用のガラスクリーナーhttp://www.firesidestove.com/item/mentenance.htmlを使って頂きたいです。

 耐火ガラス1枚物、2枚物、交換するとなると約3万円、結構高いんです!
DSCgaras.jpg


別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

JOHN DEERE(ジョンディアー)

 アメリカに行くと必ず立ち寄るところがいくつかあります。
その中の一つがJOHN DEEREhttp://www.deere.com/en_US/deerecom/usa_canada.htmlの営業所です。
 ジョンディアーといえば日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカ最大の農業機械(土木用もあります。もちろん林業用も)屋さんです。簡単に言えばトラクター屋さんです。
 日本では○セキ、○ボタ、○ンマーが有名ですがアメリカ・カナダではダントツでジョンディアーです。
 知っている人はわかると思いますが、わたくしDボーイズもいつも緑と黄色の帽子をかぶっていますよね!
 
 子供のTOYSからマグカップまでびっくりするほどのアイテムがあります。
 仕事で清里に行った時にジョンディアーが展示され、店内でグッズが販売されていましたが、アメリカの営業所は、あの比ではありません。 アメリカ旅行をされた時は是非立ち寄ってください。緑地黄色の鹿の看板が目印です。
PS、TOKIOの長瀬君がTVでかぶってましたよね!帽子DSCJHON2.jpg

DSCJHON1.jpg

DSCJHON3.jpg

 得々情報をお教えします。
 「日本から来た。」というと、気前の良い社員さんは、ベースボールキャップ、最低でもJOHN DEEREのキーチェンをくれます。
 英会話の勉強にもなりますよ!
 でもトラクターは買えなくても、マグカップくらいは買ってあげてくださいね!
別窓 | 海外旅行情報 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アメリカの薪ストーブ事情

 アメリカ本土を大きく分けると西海岸と東海岸に分かれます。
 仕事柄、どちらの地域にも行きますが(南部は特別なことがないかぎり行きません。)よく見てみるとストーブのタイプが異なっているようです。西海岸はスティール製、東海岸はキャスト製が人気があるようです。 
 ご承知のとおり、ストーブメーカー工場は北東部に集中しています。そのせいもあるのかも知れませんが、東部は、やたらキャスト製を使っているオーナーが多いようです。
 それともう一つ、木の植生にも関係があるように思います。西部はパイン、シダーなどの針葉樹が多く、東部はオーク、メイプルなどの広葉樹が多いのです。
 日本に照らし合わせると、針葉樹しか手に入らない植林地帯ならスティール製、広葉樹が多い里山の天然林近くならキャスト製が良いのではないでしょうか?
 
PS、ダッジウエストジャパンが恒例のクリスマスキャンペーンhttp://www.dutchwest.co.jp/を展開中です。当店も協賛中です。DSCWA3.jpg

DSCWA2.jpg

DSCWA1.jpg


別窓 | 薪ストーブ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ディープフォレストからの便り |