FC2ブログ

ディープフォレストからの便り

 ディープフォレストのログハウスで生活するDボーイズとランディ、季節の移り変わり、日々の出来事を便りにのせて発信します。

後付・薪ストーブ工事

 「今住んでいる家にどうしても薪ストーブがほしい!」在来工法の築20年程度の家だろうか?屋根は和瓦→ちょっと手強い。
 
 普通ならば壁抜き工事をしたいところだが横引きが長くなりすぎるため、煙突を真上に上げることに。
 屋根屋さんと防水屋さんに協力いただいて16:00くらいに工事完了。
 取扱説明をして引き上げようとすると「ちょっと焚いてみたい」という要望・・・・
 「今日焚くんですか・・・・」
 「はい」ということで試し焚き。
 外の温度は16°C。ぜんぜん問題なし。

 冬はもうそこまできていますよ!

 PSバーモントキャスティング・アンコールNCは本当に美しい。DSC00006.jpg


スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨

薪ストーブ用薪

 涼しくなってきたので今日、早朝から当店のサイトに置いたままになっている薪原木と玉切りされた物の処理をした。
 厳密に言うと昨シーズンの余り物である。
 表面は紫外線や雨、コケの影響で汚れているが中は全く関係なし。
 腐れは全くありません。
 
 楢、クヌギ、樫の上木ばかり。

 今シーズン薪がちょと頼りないなと思う方は是非どうぞ!
 今玉切り&薪割りをするとシーズン後半には間に合います。
 いい汗もかけますよ。DSC00003.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

大型アウトドアショップ

 全米に展開しているカベラスとBASS PROSHOPです。
 日本に展開しているスポーツオーソリティや従来型のスポーツショップとは桁も質もがちがいます。
 アメリカでアウトドアの定番といえばフィッシング、ハンティング、キャンプ、etc
 日本では御法度の銃、クロスボー、銃弾なんかもカーゴに入れて置いてあります。
 
 うれしいのはアウトドア系のインテリアが豊富にあること。
 ソファーやチェストの大物からコップやキャンドルスタンドの小物までログキャビンを飾れるすてきな物がたくさんあります。
 
 アメリカの田舎を旅される方は是非寄ってみてください。全米各地にショップがあります。DSC00527.jpg

DSC00603.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

薪ストーブ用高精度サーモメーター

 今日やっとファイヤーサイドからTEMPLEXが届いた。
 高精度の薪ストーブ用温度計である。
 今まで結構いい加減な温度計を販売していたが、今回は結構正確に温度が測定できるようだ。
 文字も大きく目の弱い方にも見やすい。
 価格は税込み定価9,450円、10月いっぱい新発売価格で提供します。DSC00002.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

MLB

 今回の旅行中にMLBを2回見学した。
 そのうちのボルチモアオリオールズVSミネソタツインズの試合。仲良くなったミネソタ在住の夫婦とその友達、ツインズを応援するため、遙々ミネソタからボルチモアまで友達と車で来たそうだ。彼らの願いどおりミネソタツインズが圧勝した。
 前にも書いたがアメリカ人の家族サービスには脱帽する。ウィークデイに家族を連れ、野球観戦に来ようとする日本のお父さんはどれくらいいるだろうか?DSC00630.jpg

DSC00636.jpg

DSC00635.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ネバーロスト

 最近、外国(主にアメリカ・カナダ)に出張したときは、レンタカーのリクエストにナビゲーションを加えている。
 以前は行く先々でマップを購入、一緒に渡米した者にナビゲーターをお願いしていた。
 しかし慣れない環境、地図のアルファベット、結構迷うのである。時間もだいぶロスした。
 特別な事情がないかぎりハーツレンタカーを借りるのでクルーズコントロールとナビを毎回チョイスする。
 日本のナビとちがってとてもシンプル。機能もあまりないが十中八九目的地に連れて行ってくれる。
 これから渡米しレンタカーでドライブという方はだまされたと思って是非どうぞ!
 名前はネバーロスト(笑っちゃう名前でしょ!)
DSC00549.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

成長し続ける家

 昨日、薪ストーブ工事をさせていただいたお宅2軒を訪問した。
 
 1軒は、かの有名な鳥取のKログで建てられたPB、このご夫婦は同じ敷地にT社のログもセルフビルドで建てられている。
 庭には作家T氏作風の薪小屋もある。

 2軒目は大手住宅メーカーS社で構造体のみを発注され、内装をご夫婦で仕上げた家である。庭にはご夫婦が協力して育てておられるハーブや草花が咲き乱れている。
 
 この2軒に共通していえるのは、今でも進化し続けていると言うことである。
 行くたびに何か変化がある。毎回ちがった美しさがある。
 単に外観が美しいのではなく、デザイン、構造美、家具、小物、住人 私にはすべてが輝いて見える。
 
 できることならこれからもこの2軒のような建築に携わっていきたいと思う。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

ダッジオーブン

 国内でダッジオーブンを販売しているF社から「オリジナルのダッジオーブンの販売を中止します。」という連絡があった。
 =すべてロジック(すぐに使えるようにシーズニングしたもの)になるそうだ。
 今回アメリカ出張ではカナダにもアメリカにもオリジナルがあった。????
 担当者によると「消費者のニーズです。」ということだ。
 
私はロジックが嫌いだ!ゴキブリのようなテカリ、ぶつけるとポロッとはげるコート。
 やはりダッジオーブンは、自分でシーズニングして造り上げるものだと私は思う。
 当店で購入していただいた方々をみるとオリジナルのダッジオーブンを買っていただいた方の方が愛着を持っていると言ったら言いすぎだろうか?
 オリジナルのダッジオーブンが市場から消えるのは寂しいかぎりだ。 
 
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

マリーンミュージアム

 バージニア州に昨年できたスミソニアン博物館の別館、マリーンミュージアムに行きました。
 海兵隊編成当時からアフガニスタン、イラク戦争までの海兵隊の歴史が展示されたミュージアムです。
 それぞれのブースでは疑似体験ができ、戦場での兵士たちの苦労がうかがえました。
 朝鮮戦争の部屋は空調で摂氏4度に保たれ朝鮮半島の冬の厳しさが体験できます。
 ベトナム戦争の部屋の入り口は双発ヘリの後部タラップです。入った瞬間、「むっ」とした熱気、グリスオイル、火薬の臭い、パイロットが「サッサと降りろ」とわめき散らします。
 日本でこのような博物館を造ったらえらいことのなるでしょうね。
 
 2時間ほど見学しましたが戦争を賛美する物ではなく、国のために見返りを求めず命を落とした兵士を追悼する教育施設のようでした。
 夏休中はハイスクールのプログラムで全米から高校生たちが見学に訪れるそうです。

 ちなみに入場料は無料、「何でこんなとこに日本人が居るの!」そんな目が気にならない方は是非どうぞ!
 DCから車で30分くらいですDSC00466.jpg

DSC00490.jpg

DSC00479.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

起業家

 最近私の周りでは勤めていた会社を退職し、起業する者が増えた。
 
 大手ログハウスメーカーKログを退職し、R社を立ち上げたTさん、 薪ストーブメーカーを退社して、薪ストーブメンテナンス会社を立ち上げたOさん、その他etc、

 彼らに共通していえるのがチャレンジ精神旺盛で常に前向きなこと、 
 個人企業にしろ、有限、株式会社にしろ守りにはいると前進はないと私は思っている。
 そう言う点で彼らは魅力的である。
 微力ではあるが陰ながら応援していきたいと思う。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アーミッシュ

 今回の出張で時間があいたときに東部13州を回りました。
 その中で非常に興味深かったのがアーミッシュです。
 彼らはランカスターという町にコミュニティーを持っています。昔ハリソンフォードが出演した映画の舞台になったところです。
 電気を使わず、車にも乗らず独特の服装で今も戒律を守り続けています。
 ビレッジツアーに参加しましたが、ガイド曰わく「最近のアーミシュの若者は昔ながらの生活に我慢できず、コミュニティーに暮らしながらiPodを聞いてNIKEのスニーカーを履きゲームセンターへ遊びに行く」そうです。
 賛否あるようですが、これも時代の流れでしょうか?DSC00582.jpg

DSC00568.jpg


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

自分の中の良心

 私たち日本人の良心は何に一番重きを置いているのでしょうか?「人の目」
 8月いっぱいアメリカ、カナダで暮らしてそう思いました。
 人にこう見られるから、笑われるから、低く見られるから、
 
 小さいとき両親によく「人に笑われるよ!」と言われました。
 人の目を気にして信念を歪めるなんてばからしいと思いませんか?
 そういうことでカナダ、アメリカに惹かれるのかも知れません。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ディープフォレストからの便り |